発達障害で障害基礎年金を申請するためにやったこと【その1】

2016年9月の新ガイドライン適用後に発達障害の病名で障害基礎年金を申請し、2級が認められ、現在受給中です。認定日請求も認められました。

社労士は使わず、ほとんど自分で申請をしました。

時間はとてもかかりましたが、自分でやって良かったと思っています。

少しでもこれから自分で申請する方の参考になればと思い、この体験談を覚書として記します。

前の記事では、支援者を見つけたほうが良いこと、情報の取捨選択に注意することを書かせていただきました。

障害年金の申請の前準備にやっておいて良かったこと【体験談】
広汎性発達障害/ADHDで障害基礎年金2級(新ガイドライン適用後)を申請し受給できた体験談の記録です。今回は申請の前に準備して良かったことなどを記録しています。

今回は、実際に申請の段階に入っていきます。

あくまで障害【基礎】年金、成人後初診の場合の体験談となります。障害厚生(共済)年金、20歳前初診(20歳前傷病)の場合は少し申請の仕方が変わってきますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

ざっくりとした流れ【第一関門】

今回振り返る第一関門のざっくりとした流れは以下の図の通りになります。あくまで一例です。

まずは初診日を調べた

一番大切なことが一番最初にやってきました。

障害年金の申請において、初診日の確認は超重要事項です。これが客観的に証明できないと、問答無用で申請が却下されてしまうことが殆どのようです。

初診の病院が開院していることは分かっていたので、電話で初診日を教えてもらうことができました。(もちろん、セキュリティ上本人確認は念入りにされました)

診察日を記録した診察券や当時の日記、領収書や明細書・お薬手帳等があればこの工程は省けることもあるようです。

現在初診日が証明できるものを持っている方は大切に持っておくことをお勧めします。

後に、認定日時点の病院と初診日時点の病院が違う場合、「受診状況等証明書」というものが必要になってきます。

「受診状況等証明書」を初診の病院に必ず書いてもらわなければなりません。(←これは後回しで良い作業です、理由は次の項目で説明します)

受給要件の確認をおこなった

もうひとつの大切なことです。

障害年金の申請において、「初診日」の目線から見ていろいろな受給要件があります。それが「国民年金を納めていたか」、納めていない場合は「免除申請をしていたか」です。

どれだけ納めていれば良いのかは日本年金機構のHPから引用します。

保険料納付要件
初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていることが必要です。
(1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

参考 障害基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 | 日本年金機構

はい、ちょっと複雑ですね。(※20歳前傷病の場合は納付要件は問われません、その他例外もあるようですが…)

うまく説明できるかまったく自信がないですし、正直今でもよく分かっていません…

これは素直に、「ねんきんダイヤル」や「年金事務所」、「各自治体役所の国民年金課」で尋ねたほうが確実です。

ここで必ず聞かれますので、確認した初診日はメモして行き、基礎年金番号が分かるもの(年金手帳、ねんきん定期便など)を忘れずに持っていきましょう。

国民年金課に渋々聞きに行ったのですが、受給要件はPCで何かを計算している感じでした。さすがに役所の方も手計算ではこんなのできるはずがありません…

もちろん「ねんきんダイヤル」という電話でも初診日を聞かれますが教えてくれました。

体調が悪くて役所に行けない方などには年金ダイヤルのほうがおすすめです。

(前項で受診状況等証明書は後回しで良い、と書きましたが、理由はこの受給要件を満たしていないのにも関わらず受診状況等証明書を取ってしまうとムダに書類代がかかってしまうからです。)

僕は、20歳になってすぐ「学生納付特例制度」というものを申請していたので、首がつながりました。

 

申請書類をもらいに行った

年金の未納が多く受給要件が無かった場合や、そもそもの初診日が不確実な場合、国民年金課や年金事務所は申請書類を出し渋る場合が多いようです。

そもそも、職員の知識が不足していて、誤解から渡さない場合もかなり多いようですが…。

参考障害年金申請書、窓口の8割渡さず 機構が専門員配置へ | 日本経済新聞

なぜか僕はすんなりもらうことができました。

  1. 初診日を聞かれ、答える。
  2. 受給要件を職員が調べてくれる。その間しばらく待つ。
  3. 受給要件があれば、申請用紙を渡してくれる。
  4. 申請用紙と一緒に、書類の書き方や注意点を簡単に教えてくれる。

このような流れでした。

ここでひとつ。注意したほうがいいな、と思ったことがありました。

申請書類を渡される前に、「アンケート」と言って、「初診日はいつか」、「なんの病気で申請するのか」、「通院頻度はどれくらいか」といった簡単なアンケート用紙の記入をお願いされました。(おそらく自治体によって違います)

この書類、正式に受給の決定を下す判断材料に使われてはいない…と思いたいのですが、記入させるからには何らかの理由があると僕は感じています。

拒否することもできるのでしょうが、僕は一応正直に記入しました。

初診日を記入しなければならない以上、間違ったことは書けません。やはり、初診日はきちんと確認(ほぼ確定)させてから申請書類を取りに行くのを強くおすすめします。

 

ここでまずひと休み

申請書類をもらったら、その煩雑さや膨大さに驚きました。

慣れない電話や人との接触に疲れ果てて、途方に暮れ、不安で病状が悪化してしましました…。

ひと休みして、いったん申請について考えることを休憩しました。1か月くらいだったでしょうか…。先延ばしにすることもたまには大事だと思ったときでした。

ここでまた病状を悪化させたら元も子もない!!(心の声)

申請完了への道のりはまだ長かったのですが、ここで第一関門を突破したと自分で自分を無理やり褒めるようにしていました(笑)

第一関門突破へのまとめ

  • 初診日は必ず確認(ほぼ確定)させておく
  • 受給要件は「ねんきんダイヤル」や「年金事務所」、「役所の国民年金課」で確認
  • 申請書を取りに行くときは初診日のメモ、基礎年金番号が分かるものを忘れずに
  • 「かんたんなアンケート」に注意
  • 休み休みやること←超大事!!

次は、必要書類の確認、受診状況等証明書の請求、病歴・就労状況等申立書の下書きなどを行っていきます。

障害年金の病歴・就労状況等申立書の書き方~記入例あり
障害年金申請の中でも自分の気持ちを訴えられる「病歴・就労状況等申立書」。何から手を付けたらいいか分からない方は多いと思います。例文つきで分かりやすく解説します。

これまで執筆した体験談/解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする