年金請求書の書き方と、事前に準備しておいたほうが良いもの3つ

2016年9月の新ガイドライン適用後に発達障害で障害基礎年金を申請し、2級が認められ、現在受給中。

認定日請求も認められました。社労士は使わず、ほとんど自分で申請をしました。

前回の体験談では、現状の診断書を請求するところまでをお話してきました。

現状の診断書を取り寄せるのは書類が3つ以上揃ってから | 障害年金
現在障害基礎年金2級受給中。医師との付き合い方や病院との行き来で苦労する「診断書」についての苦労と分かったことを体験談としてまとめます。

診断書を待っている間、「年金請求書」という4~5枚綴りの冊子型になっている記入するところが非常に多い紙を記載することをおすすめします。

記入するのは骨が折れる作業なのですが、日本年金機構のHPに記載要領がしっかり例示されていますので、事務手続きが苦手な方も記入例通りにやれば失敗はないと思います。

不安なら鉛筆で下書きしてからボールペン書きしてくださいね。

スポンサーリンク

年金請求書の記入例

参考年金の給付に関すること | 日本年金機構

↑のページから、障害基礎年金は「障害基礎年金の請求手続きをされる方へ」の「パンフレットを見る」をクリック、障害厚生年金も同じようにクリックでPDFが開きます。

基本的には記入例に沿って書いていけば良いのですが、事前に用意しておいたほうが良かったもの(反省点)もありますので、注意点として書いておきます。

準備その1.公的年金の加入経過を洗い出しておく

記入例のPDFには例示されていないのですが、公的年金の加入経過を書く欄が1ページにわたってあります。

公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金、共済組合etc…)に加入した履歴のある方はその履歴と、事業所名、国民年金の場合は国民年金加入時の住所を記載しなければいけません。

注意書きに「できるだけくわしく、正確に書いてください」とあるので当然ですが間違いがないように書いたほうが良いのだろうと思います。

年金の加入履歴確認は「ねんきんネット」が便利

年金の加入記録の確認に僕は日本年金機構の公式サービス「ねんきんネット|日本年金機構」を利用しています。

初期登録が少々面倒なのですが、年金の加入記録の確認のほかに、将来の年金の受取金額が試算できたり、障害年金の受け取りが決まった後は「年金決定通知書・支給額変更通知書」や「年金支払通知書」をネット上でダウンロードしたり確認できたりします。

準備その2.自分名義の口座を開設しておく

請求者名義の普通預金口座がないと実質受け取りができないことになっています。

自分名義の銀行口座が無い方は開設しておく必要があります。

通帳が発行されるゆうちょ、都市銀行などであれば口座の証明が通帳のコピーで済むので楽です。

通帳の発行されないインターネット銀行も可能ですが、少々手続きが面倒になります。

準備その3.住民票コードが記載された住民票の写しの取得

住民票コードを記入する箇所があります。

記入すると、年1回の現況届、住所変更の手続きなどが不要になります。住民票コードを確認するには、区市町村役所で住民票の写しを取得するのが一番手っ取り早いです。

年金請求書は記入例が公式に示されている書類

今までいくつかの書類を紹介してきましたが、この「年金請求書」は一般向けに親切な記入例が示されている書類です。

例通りに書いていけば間違いはないと思いますので、あまり焦らずにやりましょう。

と言いつつ、僕は慌ててやってしまい、5か所くらい書き損じました。

訂正印を後回しにしていたら捺し忘れており、申請の最後の段階で担当の職員さんに指摘され、焦って訂正したという経緯があります。(不注意発揮ですね…笑)

皆さんも訂正箇所にはご注意ください。

次回は書類としては最後!病歴・就労状況等申立書の裏面を埋めていきたいと思います。

病歴・就労状況等申立書/裏面の書き方~診断書との整合性に注意
発達障害で障害基礎年金2級受給中。最後取り掛かるべき「病歴・就労状況等申立書の裏面」について、診断書との折り合いを考えながら具体例と図を交えて解説します。

これまで執筆した体験談/解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする