障害年金の申請で診断書などの料金はいくらかかった?振り返ってみた

こんにちは。障害基礎年金2級を発達障害で受給中のユウキです。

障害年金の申請を自力でやろうと思っている方も、社労士に頼もうと思っている方も、気になるのが診断書代等の諸費用ではないでしょうか。

僕の障害年金申請に社労士が必要なかった・頼めなかった5つの理由
障害年金申請を自力申請で運良く受給できた当事者が、社労士が必要なかった理由と、頼みたくても頼めなかった5つの理由について体験談に基づいて語ります。

診断書代ってほとんどの場合が自費で払わないといけないので、生活を圧迫しますよね。

実際僕も障害年金申請の期間中は、診断書代に生活を追い込まれました。

障害年金申請にかかった金額を総ざらい!

おそるおそる振り返ってみましたが、意外に安く済みすぎたので、たまたま書類が高くついたらいくらになるのか?計算してみたら目玉が飛び出そうな結果になりました。

スポンサーリンク

ずばり!障害年金申請でいくらかかったのか?

概算で25,906円でした…!!診断書以外の交通費なども含まれていますよ。

これってかなり少ない方だと思います。なぜなら、診断書代がそんなに高くなかったからです。

内訳を公開!やっぱり良心的なお値段だったと思います。

書類以外の費用が2.5割程度かかってしまっているのが痛いですね。

内訳料金
受診状況等証明書¥3,240
認定日の診断書¥5,400
現状の診断書¥10,800
診断書の書留郵送代¥866
書籍等購入代¥980
市区町村役所の往復費¥600
認定日病院の往復費¥1,000
電話代¥2,400
書類コピーや印刷、スキャン代¥620
¥25,906

太字の部分が社労士に頼む人も自分で申請する人も、どちらもかかってくる費用になります。社労士に頼んでも書類代は別なのでご注意を。

受診状況等証明書のお値段~最高でも8,000円か

「受診状況等証明書」は,3000~5,000円のところが多いのではないでしょうか。

1枚のぺら紙で一応記述するところはあるのですが、普通の診断書と労力はそう変わらないと思うので…かなり料金がかかる病院でも8,000円くらいが限度だと思います。

診断書のお値段~病院によりけり、最高で2~3万?

診断書の値段は5000~2万円が相場なのではないでしょうか。高いところで3万円だと思います。

診断書と言っても、通常の診断書と年金の診断書と、障害者手帳の診断書料金が別料金になっていることが殆どです。

病院の独自形式でいいか、それとも患者が持参する形式がどのようなものかによることも…。

病院が○○指定病院だから安いとか、大学病院だから安い、個人病院は高いとかそういうのは無いですね。本当に病院の裁量になります。(実体験)

その他にかかった料金は?電話代、交通費が痛い

その他にかかった料金の2.5割部分について。これも大事な部分なので、あまり余裕が無い方は最初に見積もっておくことをおすすめします。

診断書を郵送してもらうのを頼む方、郵送代って結構かさみますよ~

診断書の書留郵送代

受診状況等証明書と診断書を郵送の簡易書留で送ってもらいました。

直接取りに行く労力と交通費を考えるとこちらのほうが安上がりだったんです。

認定日時点の診断書を取るだけで病院を5回往復していたこともあり、疲れ果てていたので…

簡易書留は基本料金に+310円でつけられます。診断書は大事なものなので、普通郵便ではなく書留で送ってもらうのがおすすめです。

書籍購入代

障害年金のことを勉強するために本を買おう!と思ったんですが、たくさんあってどれがいいのか分かりませんでした。

結局、AmazonのKindle unlimited(月980円)の読み放題のサービスに入って、対象の本で障害年金の本があったら片っ端から読んでました。

それなりに勉強にはなったしお得だったのではないかと思います。

交通費

役所と病院の往復に1,600円くらいかかっています。

これは電車やバスを利用していますが、徒歩で節約した日もあるので概算です。

障害者手帳を使うとバスが半額になったので、この時はフル活用していました。

使いようによっては、電車より安くなるんですよね。

電話代

これが一番「その他」でかかっていますね。これも普通の電話代が混じっているので概算になります。

ねんきんダイヤルにかけたり、病院にかけたり、役所にかけたり、支援センターにかけたりと、かなり電話代がかさみました。(僕はあんまり電話を使わないので、かけ放題に入っていません)

これでも、申請期間中に30秒20円の電話が半額になる「楽天でんわ」というのを2時間利用していたので、2,400円と安くなりました。

書類コピー、印刷、スキャン代

書類のコピー、印刷、スキャンにも620円かかってます。

これは、自宅のプリンタが診断書と病歴・就労状況等申立書のA3の大きさに対応していなかったからです。

コンビニを利用しました。

最悪でいくらかかるのか試算してみた

約25,000円と言うかなり安い値段で済んでしまった申請でしたが、これがもし「書類代がとても高い病院が重なったら…」という試算で表を作り直してみました。

すると、「80,000円程度必要」という驚きの結果になりました。その他の費用はそのままです。

内訳料金
受診状況等証明書¥8,640
認定日の診断書¥32,400
現状の診断書¥32,400
診断書の書留郵送代¥866
書籍等購入代¥980
市区町村役所の往復費¥600
認定日病院の往復費¥1,000
電話代¥2,400
書類コピーや印刷、スキャン代¥620
¥79,906

これまで結果が違ってくるとは思いませんでした。文書費用がどれだけ病院の裁量に任せられてるのか分かりますね…

事前に病院に連絡していくらかかるか聞いてみよう

  • 諸費用合わせて安くて25,000円程度高くて80,000円程度かかる。用意しておこう
  • 自前のプリンタがA3に対応しているか、書籍を買うか、電話をするか?などで節約可

ここまで文書代に差が出ると、事前に「この診断書代はいくらかかりますか?」と聞くようにしましょう。

僕の場合はそうしていました。ほとんどの場合、「書類の形式によるので何とも言えない」という答えが返ってきますが、教えてくれるところもあります。

精神保健福祉手帳だと、自治体によっては診断書代の補助があるところがあるんですが、障害年金の申請でもあったらいいな~なんて思ってしまいました。

障害者手帳交付申請用診断書料助成 | 土浦市公式ホームページ

平成29年度の年金額の改定もありました。

障害年金、平成29年度はいくらもらえる?0.1%の減額になりました
障害基礎年金を自力申請した筆者が、平成29年度障害年金はどれくらい減額になるのか?難しい計算方法を分かりやすくお話いたします。

これまで執筆した体験談・解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする