現状の診断書を取り寄せるのは書類が3つ以上揃ってから | 障害年金

2016年9月の新ガイドライン適用後に発達障害で障害基礎年金を申請し、2級が認められ、現在受給中。認定日請求も認められました。

社労士は使わず、ほとんど自分で申請をしました。

以前の記事で、障害認定日の診断書の請求、障害給付請求事由確認書などについてお話してきました。

障害年金診断書の依頼と受け取りの注意点~見直しのポイント
医師との付き合い方や病院との行き来で苦労する「認定日時点の診断書」についての苦労と分かったことを体験談としてまとめます。
障害年金申請書類~障害給付請求事由確認書とは?
発達障害で現在障害基礎年金受給中の筆者が、障害年金の申請のなかでも簡単だけど大事な書類、「障害給付請求事由確認書」について解説します。

「事後重症請求分の診断書(現状の診断書)は書類がある程度揃ってから請求するのをおススメします」としました。

正式に申請が受理される日より3か月以内の診断書ではならないというルールがあるからです。

それでは、「ある程度書類が揃った」とはどのことを指すのでしょう。

これまでの記事を振り返りながら書いていきたいと思います。

あくまで障害【基礎】年金、成人後初診の場合の体験談となります。障害厚生(共済)年金、20歳前初診(20歳前傷病)の場合は少し申請の仕方が変わってきますので、注意が必要です。
スポンサーリンク

改めて申請書類の確認

改めて役所から渡された必要書類の確認をしてみましょう。

 (1)年金請求書(国民年金障害基礎年金)
 (2)受診状況等証明書
 (3)診断書【認定日請求用】
 (4)診断書【事後重症請求用】
 (5)病歴・就労状況等申立書
 (6)障害給付請求事由確認書【認定日請求用】※事後重症請求のみする方は不要

この中で、すでにやっつけた書類に印をつけます。該当記事のリンクも貼っておきます。

 (1)年金請求書(国民年金障害基礎年金)
 (2)受診状況等証明書JUMP
 (3)診断書【認定日請求用】JUMP
 (4)診断書【事後重症請求用】
 (5)病歴・就労状況等申立書→表面のみ【下書き】/【書き方】
 (6)障害給付請求事由確認書JUMP※事後重症請求のみする方は不要

終わっていない書類は以下の通りです。 

 (1)年金請求書(国民年金障害基礎年金)
 (4)診断書【事後重症請求用】
 (5)病歴・就労状況等申立書【裏面】

(1)の年金請求書は、(4)の診断書が出来上がるのを待つ間に書きます。
(5)は診断書との整合性があるので、診断書が出来上がってから書きます。

年金の診断書のフォーマット

障害年金申請用のフォーマットは以下からダウンロードできます。

(精神の障害用)参考精神の障害用の診断書を提出するとき | 日本年金機構

現況の診断書を請求

僕は、病院のPSWさんを介してお願いしましたが、主治医に直接お願いするのでもOKです。

PSWさんがいる病院であるならば、PSWさんのほうが医師よりかは障害年金をはじめ、福祉制度については詳しいのでスムーズに行きます。

いろいろ他の相談にも乗ってくれますので、繋がっておくと良いです。

持っていくと良い書類

以前に書いた認定日診断書請求のための記事の繰り返しになりますが、事後重症請求の診断書も基本的に持っていく書類は同じになります。

準備していったのが以下の書類です。

  • 病歴・就労状況等申立書のコピー(表面だけでOK)
     
  • 受診状況等証明書のコピー
     
  • 認定日時点の診断書のコピー
     
  • 自分の現状を書いたメモ(A41枚)(結局は渡さず)

認定日請求の診断書を請求したときは、文書受付窓口に提出したので「添え状」を持っていきましたが、現況の診断書は直接手渡しに近かったので結局は渡しませんでした。

病歴・就労状況等申立書のコピー

病院を転々としていたり、発達障害の場合、生まれたときから現在まで振り返って主治医に話せる機会はほとんどありません。

この機会に挟みこんでおくくらい損はしないと思います。

ただ、全部くまなく読んで貰えるのは期待しないほうがベターでしょう。

受診状況等証明書のコピー

コピーにはなりますが初診日の証明になります

診断書には初診日を書く欄がありますので、きちんと間違いなく書いてもらえるように必要になります。

認定日時点の診断書のコピー

認定日時点の診断書コピーも持っていくと良いです。

認定日時点ではどの程度と診断されていたか、紹介状等では分からないことを現在の主治医が診断書で知ることができるからです。

自分の現状を書いたメモ(A41枚)

認定日時点の診断書を請求したときと同様、A41枚で、主にスペック(→スペックとは)に照らし合わせて現在の生活状況を書きます。

現在の主治医だとは言え、主治医は24時間一緒にいるわけではないので生活状況を分かるわけではありません。(僕は、主治医に恵まれたいたので現状の診断書ではこのメモは作成しませんでした)

(1)食事は、自分で簡単なものを作ることはできるが買い出しは週に2,3回のみ。それ以外は家族に頼んでいる。不器用なため配膳や量の調整ができないので家族の助けが必要。
(2)お風呂はほとんど入らず2、3日に1回の5分のシャワーで済ませている。調子が悪いときは5日間は入れないときもある。(例)

…という感じで(7)の社会性までを自分で振り返って書いてみました。

病歴・就労状況等申立書と同じで、具体的に書くのが良いです

A41枚にまとめるためには、自分の気持ちを抑え気味じゃないとかなりつらいです。

2枚以上だと医師も読む時間が無いですし、過剰にアピールしているクレクレ思われてしまいますので、注意してください。

間違っても、「診断書は重く書いてください」とか「経済的につらいので…」などと書いてはいけません。あくまで事実を書くのみです。

文書偽造に抵触する可能性もあります。

主治医が1つ1つ項目を確認しながらチェックしてくれた

診断書をお願いした次の診察で、「診断書ができた」と診察に呼ばれました。

主治医が直接(1)~(7)の項目をひとつひとつ読み上げてどのような感じで生活しているか改めて確認してくれました。

紙では伝えられなかったことを正直に伝えることができました。親切な医師に恵まれて良かったと思っています。

スムーズに受け取ることができた

認定日診断書は5回も訂正で行き来して大変だったのですが、現状の診断書はPSWさんや主治医の連携もあり特に記載ミスもなくスムーズに受け取ることができ、間違いもありませんでした。

診断書を待っている間は、「年金請求書」を書き上げてしまいましょう。

年金請求書の書き方と、事前に準備しておいたほうが良いもの3つ
発達障害で障害基礎年金2級受給中。終盤に取り掛かるべき「年金請求書」について、日本年金機構の公式記入例をもとに注意したほうがいいこと、事前に準備したほうがいいものをまとめました。

診断書を受け取った後は、きちんと確認するのを忘れずに!

障害年金診断書の依頼と受け取りの注意点~見直しのポイント
医師との付き合い方や病院との行き来で苦労する「認定日時点の診断書」についての苦労と分かったことを体験談としてまとめます。

これまで執筆した体験談/解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする