障害年金申請、最後の書類確認~年金事務所(役所)への持ち込み

こんにちは。障害基礎年金2級受給中の発達障害(ASD・ADHD)持ちのユウキです。

さて、前回までの記事で書類の障害年金の書類”作成”がようやく終わりました。

病歴・就労状況等申立書/裏面の書き方~診断書との整合性に注意
発達障害で障害基礎年金2級受給中。最後取り掛かるべき「病歴・就労状況等申立書の裏面」について、診断書との折り合いを考えながら具体例と図を交えて解説します。

今回は今まで作成した書類を振り返りながらの最終チェック、必要書類の取り寄せ、役所(年金事務所)への持ち込みをお話ししたいと思います。

障害【基礎】年金、成人後初診の場合の体験談となります。

スポンサーリンク

これまで作成した書類は6つ

これまで作成した書類は以下の6つです。ひとつずつ確認してみましょう。

 (1)年金請求書(国民年金障害基礎年金)
 (2)受診状況等証明書
 (3)診断書【認定日請求用】※事後重症請求のみする方は不要
 (4)診断書【事後重症請求用】
 (5)病歴・就労状況等申立書
 (6)障害給付請求事由確認書【認定日請求用】※事後重症請求のみする方は不要

(1)年金請求書(国民年金障害基礎年金)

  • 基礎年金番号に間違いはないか。
  • 印や訂正印の捺し忘れはないか。
  • 年金加入の経過に間違いはないか。
  • 配偶者についての記載、住民票コードの記載を忘れていないか。
  • 傷病名・傷病の発生した日と初診日は、他の書類と整合性が取れいるか。

(2)受診状況等証明書

  • 一番下の「本人の申し立てによるものです」にのみ丸がついていないか。
  • 医師の印は正しく捺されているか。

(3)診断書【認定日請求用】

  • 個人情報に間違いはないか。
  • 傷病の発生年月日・初診日は(2)受診状況等証明書と整合性が取れているか
  • 通院履歴は過不足なく書いていただいているか。
  • 10.「障害の状態」の「○○年〇〇月〇〇日現症」が初診日から1年6か月の認定日から以後3か月以内の日付となっているか。
  • 医師の印や訂正印を捺していただけているか。

(4)診断書【事後重症請求用】

  • 個人情報に間違いはないか。
  • 傷病の発生年月日・初診日は(2)受診状況等証明書と整合性が取れているか
  • 通院履歴は過不足なく書いていただいているか。
  • 医師の印や訂正印を捺していただけているか。
  • 提出から3か月以内に作成してもらったものであるか。(日付)

(5)病歴・就労状況等申立書

  • 傷病名・発病日・初診日は他の書類と整合性が取れているか。
  • 表面は期間を空けずに書けているか。
  • 医療機関名の間違いはないか。
  • 「具体的に」・「どれくらい生活に影響が出ているか」に気を付けて文を書けているか。
  • 裏面の日常生活状況は診断書と大きくかい離していないか。
  • 障害者手帳の番号は間違っていないか。
  • 裏面一番下の個人情報の記載・署名・捺印は全頁にできているか。

(6)障害給付請求事由確認書【認定日請求用】

  • 病名は認定日時点の診断書通りに書かれているか。
  • 個人情報はきちんと間違いなく書かれているか。

別に請求する必要があるもの

いざ役所へ!と持ち込みに行きたいところですが、自治体によっては申請書類のほかに自分で用意しなければならない書類等があります。

確認しておいてください。以下が代表例ですが、自治体によって幅があります。

僕は役所に提出に行ったので、提出する日に文書の請求も一緒にしてしまいました。

 (7)住民票【本人・世帯全員】、本籍・続柄・住民票コードが記載されたもの
 (8)預金通帳の原本(請求者名義のもの)
 (9)障害者手帳(精神保健福祉手帳)
 (10)認印
 (11)年金手帳
 (12)戸籍謄本 ※続柄が明記されたもの、自治体による
 (13)所得証明書(非課税証明書)※20歳前傷病で申請する場合に必要なことが多い

ちょっと待った!コピーは取りましたか?

さぁ書類も取り寄せるものもOK!となったらさっさと提出してしまいたいもの。

でもちょっと待ってください。

障害年金の申請書類は、いったん提出をしてしまうと「一切返却をしてもらえません」

コピーを取っておかないと、次回更新手続きをするときに「診断書の程度はどれくらいだったけ?」と確認したいときに何もできません。

万が一不支給となり不服申し立て・審査請求・再審査請求となったときに「なぜそのような結果になったのか」と見直すことができません。

自力をあきらめ社労士さんにお願いするとしても、「コピーを取ってない」となると、どうしようもできませんから、断られる可能性はかなり高いです。

コピーは大事ですので、全申請書類、絶対に取ってください!

役所・年金事務所に行く前は事前予約?

僕の住んでいる自治体だけかもしれませんが、障害年金の申請書類の提出に行く際は事前予約が必要でした。

いざ予約した時間に行くと、20~30分ほど職員の方が申請書類の中身をデスクのほうでひたすらチェックしているようでした。(何をどうチェックしているかまでは分かりませんでしたが…)。

いくつか僕の訂正印忘れ、捺印忘れが発覚。

慌てて直し、申請書類以外の住民票なども提出。これも5分ほどかけてチェックされ、ようやく点検終了となりました。

その後、「障害基礎年金の申請を受け付けました」というA41枚の紙(受付印つき)をいただき終了となりました。かかった時間は60分ほど

これを事前予約なしで行ったとすると、職員さんも大変だと思います。ぜひ事前予約して行きましょう。

とりあえずはここで一件落着!おつかれさまでした。

無事に書類が提出できたら完了です!お疲れさまでした。

結果が出るまで気が気じゃなかったですが、とにかく申請が終わったときは肩の荷がおりましたね。ほっとしたというか…。2、3か月かかります。辛抱強く待ちましょう。

約15記事以上?にわたって書いてきた申請書類解説、体験談でしたがいったんこれで〆…。とはいきません。

まだ申請手続きの手順が分かりづらいと思っているので、お絵かきソフト等で分かりやすくフローチャートっぽく図でまとめられないかなーと考案中です。

ただ、一区切りはついたので今後は障害年金以外にも、障害者手帳や自立支援医療、障害者福祉サービスなど幅広くブログを書いていきたいと思っています。

→全手順フローチャート風にまとめた記事を作成しました。

障害年金の申請の流れ、手順を申請者が分かりやすく解説
障害基礎年金を自力申請した筆者が、ややこしい障害年金申請の流れをできるだけわかりやすく図解で説明します。

→申請したあとどれくらい待つの?調べてみました。

障害年金の結果が出るまでどれくらい待つ?平均で50~80日前後!
障害基礎年金を自力申請した筆者が、障害年金を申請したらどれくらい待って結果が来たのか?平均待ち期間はどれくらい?など、分かりやすくお話いたします。

これまで執筆した体験談/解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする