障害年金の診断書のスペックとは?新ガイドラインでどう変わったのか

2016年9月の新ガイドライン適用後に発達障害で障害基礎年金を申請し、2級が認められ、現在受給中です。認定日請求も認められました。

社労士は使わず、ほとんど自分で申請をしました。

申請体験談では認定日時点の診断書を請求したところです。

障害年金診断書の依頼と受け取りの注意点~見直しのポイント
医師との付き合い方や病院との行き来で苦労する「認定日時点の診断書」についての苦労と分かったことを体験談としてまとめます。

今回は2016年9月から大きく変わった診断書の指標スペック(SPEC)についてかみ砕いて説明しようと思います。

スペックって聞いたことあるけど、イマイチ良く分からない、数学が苦手…という方にでも、分かりやすいように図を添えながら書きたいと思います。

あくまで精神(発達)障害の年金についての情報になります。誤りがないように最善の注意をはらっているつもりですが、専門家ではないので、ミスがあるかもしれません。何か発見されましたらコメント欄等にて教えていただけますと嬉しいです。

スペックはあくまで目安となる指標でしかありません。

受給は判定医が提出された資料の中から総合的に判断することになっていますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

障害年金の「スペック(SPEC)」とは?

障害年金の診断書裏面の半分以上を占める「日常生活能力の判定」、「日常生活能力の程度」の部分を数値化して等級判定の目安としたものです。

俗にスペック(SPEC)とも呼ばれます。これが平均して何点かで、受給か不支給かが左右されます。

 出典 『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について |厚生労働省(1)国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン(平成28年7月15日年金局事業管理課長通知p4-7)

簡単なスペックの換算のしかた

「日常生活能力の判定」を左から「できる」を1点。

「自発的にできるが時には助言や指導を必要とする」or「おおむねできるが時には助言や指導を必要とする」を2点。

「助言や指導があればできる」or「自発的かつ適正に行うことはできないが助言や指導があればできる」を3点。

「助言や指導をしてもできない若しくは行わない」を4点として換算し、7項目すべての平均点を出して計算しています。

「日常生活能力の程度」はそのまま(1)~(5)として使います。

・・・ややこしいので、左から順に1点、2点、3点、4点と覚えておけばOKです。

 出典 『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について |厚生労働省(1)国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン(平成28年7月15日年金局事業管理課長通知p5)

スペック換算の一例

例えば、以下のようにチェックがついている方がいるとします。

左から2番目が1つで2点、3番目が4つで12点、4番目が2つで8点の、合計22点です。これを7で割り平均を出すと、22÷7=3.1428…となります。

よって、「判定平均3.1428….、程度(3)」という目安が出てきました。

数値を新ガイドラインの「障害等級の目安」表に照らし合わせる

「等級判定ガイドライン(新ガイドライン)」の「障害等級の目安」対応表に合わせると、3.0以上3.5未満で(3)なので、2級相当ということが分かります。

 出典 『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について |厚生労働省(1)国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン(平成28年7月15日年金局事業管理課長通知p5)

 新ガイドラインで全国的な基準ができた

スペックは機械的に診断書を数値化して判断する指標なので、一部では批判もあるようです。

しかし、新ガイドラインが適用されるまでは、各都道府県ごとに障害年金の判断基準がバラバラで、都道府県格差がかなり大きいと言われてきました。

都道府県によって、最大で約6倍も格差があったのです。 参考障害年金の支給格差、都道府県で最大6倍 | 朝日新聞デジタル

新ガイドライン適用前まで、審査が厳しいと言われていた大分県では、「日常生活能力の程度」が(4)だったしても、4人に1人、約25%に不支給判定が出ていました。

しかし、栃木県を含む23の都道府県では、1件も不支給になっていなかったのです。

(平成24年度 参考「障害基礎年金の障害認定の地域差に関する調査結果」を公表します|厚生労働省

診断書の程度は同じなのに、住んでいる地域によって障害年金が貰えないってものすごく不公平だと思いませんか?

この格差を埋めるために新ガイドラインは導入されたのです。

新ガイドラインはまだ運用間もないので、未知数の部分も

新ガイドラインとは言っても、まだ導入されてから間がありません。

新ガイドライン運用前までは、適用によって不支給や等級落ちの受給者がかえって増えると言われていました。

参考精神障害者ら7.9万人、受給減額・停止も 年金新指針で | 日本経済新聞 

適用前の多くの不安の声から、専門家会議が新ガイドラインに、「更新の方でも、診断書のスペックをはじめとした総合的内容が更新前と変わっていなければ当分は等級非該当にはしません」という文言を付け加えました。

とは言え、就労・同居の状態で等級落ち(障害厚生年金2級→3級のような)になってしまった方は実際にいるようです。

新ガイドラインでスペックを重視するという指標を加え、その他の資料でどう総合的に判断するのかはまだ判定医に委ねられているのかな、と考えています。

引き続き、新ガイドライン後の更新には注意が必要です。

僕はまだ新規しか経験がないので、更新がかなり今から怖いです。発達障害は治せませんが、上手く生きやすくできるように頑張り、将来的には障害者手帳の返納・障害年金を貰わないようになるのが今の目標です。

スペックについて理解が深まったら、簡単な障害給付請求事由確認書に取り掛かるのをおすすめします。

障害年金申請書類~障害給付請求事由確認書とは?
発達障害で現在障害基礎年金受給中の筆者が、障害年金の申請のなかでも簡単だけど大事な書類、「障害給付請求事由確認書」について解説します。

これまで執筆した体験談/解説はサイトマップをご覧ください。 

コメントをどうぞ

  1. マッキ より:

    精神障害で申請を予定している者です。ユウキさんのサイトを本日知って、全て拝読させていただきました。申立書の書き方をはじめ、実際のご経験に基づく詳細な情報、大変参考になりました。どうもありがとうございます。

    ひとつご質問があるのですが、ガイドライン施行後、「日常生活及び就労に関する状況について (照会)」という文書が送付されてくることがあるようですが、ユウキさんには照会はなかったのでしょうか?もしよろしければご回答いただければ幸いに存じます。
    今後もユウキさんの記事を拝読させていただきます。よろしくお願いいたします。

  2. yu-ki より:

    マッキさん。はじめましてこんにちは。すべてご覧いただいたとのこと、本当にありがとうございます。とても励みになります。

    「日常生活及び就労に関する状況について(照会)」についてですが、存在自体は知っていて、覚悟はしていたのですが、僕の所に照会が来ることはありませんでした。

    新ガイドライン施行前から何か判定医が確認したいことがあった場合(という名目)で、身体・精神の申請に限らず、照会というものは行われていたようです。「障害年金 照会」で検索すれば、たくさんの照会事例の社労士さんのサイトが出てきます(苦笑)
    それが明文化され、きちんと制度化されたのが新ガイドラインなのかもしれないです。
    蛇足になりましたが、参考になれば幸いです。

    申請作業、体調と相談しながらやってくださいね。上手くいきますように。

  3. マッキ より:

    ユウキさん、さっそく丁重なお返事をありがとうございます。
    申請する前から、照会が大変そうで怯えていましたが、事例ごとに違うことがわかりました。

    おそらくユウキさんの申立書(や診断書)が判定医にとって、納得のいくレベルの高いものだったからでは、と記事を拝読して思いました。
    あらためて、どうもありがとうございました。申請がんばりすぎず、行ってまいります。

    • yu-ki より:

      いえいえ、こちらこそ新しい気づきがありましたので、ありがとうございます。
      そうですね。かなり事例ごとに変わってくると思います。

      これからも記事を通して申請を控えている方の役に立てるよう頑張って参ります。
      本当に無理だけはなさらないでくださいね。上手く行くといいですね。