「意識高い系メンヘラ」がどうも苦手。こういう人いない?

こんにちは。発達障害でアスペルガー、ADHDのユウキ(@yu_ki_no313)です。
みなさんは「意識高い系」ってご存知ですよね?どんなイメージを持たれているでしょうか。

  • とにかく自分を高めるために啓発セミナーなどに通う
  • その様子をインスタグラムなどにアップする
  • 「あなたも一緒に自分を高めようよ!」みたいなことを言ってくる
  • 発言が軽い

以上のようなイメージだと思います。僕は「意識高い系」がすごく苦手です。

だからか「意識高い系メンヘラ」も苦手です。自分は「意識低い系メンヘラ」だと思っちゃってるくらいです(苦笑)

「意識高い系メンヘラ」はそんなに浸透していない言葉ですが、意識高い系メンヘラとは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

意識高い系メンヘラとは?

  • 自分は頑張って治そうとしてます!アピールがすごい
  • 頑張って治そうとしないメンヘラさんはどうして治そうとしないの?と押し付ける
  • あわよくば「障害は個性!」とか言っちゃう
  • 「メンヘラの傷の舐め合いなんて大嫌い!そんなのやってたらいつまでたっても治らない!」みたいなのが口癖
  • それなのに勝手に断薬とかしちゃって体調をしょっちゅう崩してる

こんなイメージです。周りにも思い当たる人居ませんか?

自分も精神疾患なのに同じ精神疾患の人に対してすごく厳しい発言して「俺はまわりと違うんだ!」みたいな人…

正直見てて痛いです。

どんな人が意識高い系メンヘラになるの?

意識高い系メンヘラとはどんな人がなるのでしょう。考えてみました。

寛解が近い人(もしくはもう寛解した人)

寛解した人や寛解が近い人は、精神疾患で苦しんだ時の気持ちを時とともに徐々に忘れていきます。

忘れることは元気になるためにとても大事なことです。

どうしても健常者に近い立場でメンヘラさんを見てしまうので、厳しい発言を軽々としてしまうのかもしれません。

病気の症状

病気の症状で、どうしても人に厳しくなってしまうことはあります。

僕も調子が良いときは良い意味でも悪い意味でも口が達者になります。

「意識高い系メンヘラ」の人も、ある意味ではそう言った症状で仕方ないのかもしれません。

自分の現実が受け止められない

自分が精神疾患であるという現実をどうしても受け止めきれず、「私はみんなとは違う!」と虚勢を張るしかないのかもしれません。

そうでもしないと、自分を保てないのです。

傷の舐め合いって悪いことなの?

「メンヘラの傷の舐め合いは痛い」と言う言葉をよく耳にします。メンヘラの傷の舐め合いは本当に良くないことなのでしょうか。

傷の舐め合いってそもそも何なのでしょうか?

傷の舐め合いが「つらかったね」「大変だったね」というお互いをねぎらうような行動なら、僕は何ら問題は無いし、前に進むためにはどんどんしたらいいと思います。

実際、僕も同じようなメンヘラさんの仲間の励ましに助けられたことも多いですから、ひと口に傷の舐め合いが悪いとは思いません。

「治そうと頑張っている」かは本人にしか分からない

発達障害・精神疾患はどうしても目に見えない障害・病気です。「治そうと頑張ってない甘えた人」に見えても、実は影で大変な思いをしていることだってあります。

そもそも、症状の出方は人それぞれなので、治し方も人それぞれなんです。

バリバリ意識高い系で突き進んで治る人もいますし、パッと見怠けた生活でも治る人はいます。

うつ病を患った直木賞作家の山本文緒さんは、「しばらく1日の大半を寝て過ごしていたら、いつの間にか心が軽くなっていた」とエッセイ【再婚生活 私のうつ闘病記】で話していました。

「治そうと頑張っている」かは本人にしか分からないですし、本人にでさえ分からないことも多いのです。

「治し方が分からない」というのが、目に見えない障害の難しいところなんですよね。

意識高い系メンヘラとは少し距離を置こう

以上、意識高い系メンヘラについての考察と、「治そうとする気持ち」についての僕なりの考えでした。

今身近な人で「意識高い系メンヘラ」がいるわけではありませんが、身近に現れたら当たり障りのない程度に距離を置いて接しようと思っています。

見ていてつらいし、自分に鞭が当たってきたら怖いので…

皆さんの周りにも思い当たる人がいたら、その人はあなたを追いつめているかもしれません。少しずつ距離を取るようにしましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

鬱になるとお風呂に入れなくなるのはなぜなのか考えてみた
鬱や心が不調になると、一番最初にお風呂に入れなくなるとよく言われます。なぜお風呂に入れなくなるのでしょうか。科学的なことは解明されていませんが、発達障害の当事者なりに考えたことをまとめてみました。

これまで執筆した体験談・解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする