葛西臨海水族園は障害者手帳で無料、バリアフリーに配慮されている

こんにちは!発達障害でアスペルガーとADHD持ちのユウキです。

ゴールデンウィークの子どもの日、東京都江戸川区にある葛西臨海水族園へ行ってきました。

この水族館は、都立動物園・水族園のうちのひとつなので、障害者手帳掲示で付き添い1人まで入場無料になります。

と言っても、行く日の朝になって手帳を紛失していることに気づき、普通にお金を払って入場しました。

障害者手帳を紛失。再交付申請をしてきたけど簡単でびっくり
障害者手帳を紛失してしまい再交付をお願いするばあいに、事前に用意するもの、実際にかかる時間、記入すること、交付までにかかる期間を体験談としてまとめています。

障害者は無料になるというだけではなく、建物自体が室内だったり、授乳室が完備されていたり、段差も少なくエレベーター・エスカレーターもしっかり備え付けられていたりなど、ハンデを持っている人にも優しい施設だと思ったのでご紹介します。

スポンサーリンク

子どもの日だったので、中学生以下無料

子どもの日にたまたま体調が良く行ったのですが、中学生以下は無料とのことでとてつもなく混雑していました。

写真をたくさん撮ったのですが、ほとんど人が写りこんでおり、あまり綺麗撮れたものは少ない&魚の名前を見る余裕がなかったのでご容赦くださいm(_ _)m

入場は3階から

この建物の珍しいところは、入場が3階の建物の外から。

順路はどんどん下に降りていく感じです。

3階には大きな噴水が建物を取り囲むようにして備え付けられていました。

エスカレーターを下ると2階へ行き、サメがお出迎えです。(もちろん、下るエレベーターもありますよ!)

この2階には授乳室があるんですが、係員に申し出ないと入れないようです。ちょっと面倒です…

トイレの数は多く、ほぼすべての女子トイレにおむつ交換台完備、誰でもトイレ完備

僕がこの水族館を回っているときに思ったのが、「トイレの数が多いなー!」ということでした。

なかなか博物館とか動物園って、トイレの数が少なかったりして困ったことありませんか?

この水族館ではそんなこともなく、トイレを探し回ることもありませんでした。

しかも、女子トイレにはおむつ交換台完備です。男子トイレは建物外の「水辺の自然エリア」と正門横以外のトイレにおむつ交換台があります。

もちろん、障害者用トイレ(誰でもトイレ)もありましたよ!

誰でもトイレも「水辺の自然エリア」の館内以外(すごく狭いので、作るスペースが無かったんだと思います)に完備されています。

車いす&ベビーカーでは入れない?スペース

僕が見た限りでは、車いすとベビーカーではのぼれなさそうなスペースが2か所ありました。

いずれも1階の

  • 「東京の海エリア」の上部通路
  • 「ペンギンエリア」のペンギンを地下から見るところ

「東京の海エリア」の上部通路は、もともと1階の通常通路から見れる水槽を、上から眺められることができる通路です。

「別に上からみなくても、正面で鑑賞できればいいかな」という人には問題ないでしょう。

「ペンギンエリア」のペンギンを地下から見るところは、階段があるのでどうしても難しいです。

ペンギンが水中で泳いでいるのを見たい場合は、ベビーカーを畳んで抱っこするしかなさそうです。

車いすの方は、係員の人に頼む…などが考えられますが、なかなか頼みづらいでしょうし、係員の人がそもそもそういうサービスを行ってくれるかは分かりません…

ペンギン可愛かったです。

ペンギン以外のエリアは、少し閉塞感があり、ごった返しているのもあって暑いくらいだったのですが、ここは涼しかったですし開放感がありました!

少し使いづらい?エレベーター

僕は使わなかったのですが、エレベーターの様子を少し見てみると、あまり広くはないように感じました。

エレベーターの一部は、関係者用の通路と同じ場所に作られているようです。

少し回り道になったり、順路から離れた所にあったりなど、「便利」とは言えないかもしれません。

ただ、階段があるところにはきちんとスロープがあります。車いすやベビーカーにもきちんと配慮されている建物です。

セルフサービスのレストラン。味はそこそこ

1階の順路の最後に「シーウィンド」というセルフサービスのレストランがあります。

シーウィンドは2017年4月に新規改装オープンしました。

以前はマグロカツ丼があったみたいなんですが、僕が行ったときマグロ料理は「マグロカツカレー」しかありませんでした…

このカレーと右に少し写っているサラダ、ペットボトルのお茶を購入し1200円くらいでした。あまり安くはないけど…そこそこ美味しくはありました。辛さは中辛くらいです。

マグロのカツなんて初めて食べたので、新鮮でした。今度自宅で作りたいです。

葛西臨海水族園の基本情報

2017年5月現在の情報です。

  • 9:30~17:00(休館日は水曜、水曜が祝日等の場合は翌日休み)
  • 一般700円、中学生以上250円
  • 小学生以下、都内在住、在学の中学生はいつでも無料
  • 障害者手帳掲示で本人と付き添い1名無料
  • 65歳以上は半額
  • ベビーカーの貸し出しは無し、車いすは先着13台まで

JRの「葛西臨海公園駅」から行きますが、公園入口から水族館入口まではけっこう離れています。10~15分くらいかかります。

ずっとJRでも行っても良いのですが、都民の方は都営交通(バス、都営地下鉄)が無料になる制度があります。

精神の障害の場合は「精神障害者都営交通乗車証」です。これを利用すれば、少し安上がりになる場合もあります。

ぜひバリアフリーや子ども連れに配慮された、葛西臨海水族園で楽しい休日を満喫してみてください。

【うつヌケ/田中圭一】ネタバレ多少ありの率直な感想
うつのトンネルを抜けかけている人に最適の本、「うつヌケ」。当事者として評価できるところと、少し注意して読んだほうが良いところなど率直なレビューを書きました。

サイトマップ

スポンサーリンク

フォローする