僕がADHDでも料理ができる6つの理由~継続と無理をしない~

こんにちは。発達障害(ASDとADHD)を持ちのユウキ(@yu_ki_no313)です。

発達障害を持っている方は、家事が苦手な方がかなり多いと思いのではないでしょうか。

僕も家事は苦手でした。

現在は掃除・アイロンがけ・整理整頓以外はある程度できるようになりました。

料理と洗濯はほぼ毎日やっているほどです。もちろん、料理の中でも苦手な分野はありますが。

最初からできたわけではありませんし、調子が悪いときは何もできなくなります。でもなぜ僕が料理をある程度こなすことができるようになったのか。考えてみました。

スポンサーリンク

最初は自分の好きな料理をひたすら作るのが良い

実家を離れ一人暮らしをするようになり、しばらくは店屋物で済ませていたりしたのですが、食費が嵩んで自炊をするようになりました。

自分の好きなカレーを飽きるまでひたすら作っていた記憶があります。

ASDも持っているので、自分の好きなことはとことん究める特性も幸いし、アレンジを楽しんだりして、少しずつ料理することが習慣化していきました。

背伸びしたレシピ本を買わない、クックパッドで充分

ADHDは飽きっぽいという特性も持ち合わせていることがあります。

あまりにも気合を入れてレシピ本を買ってしまうと、買っただけで満足して実践しないことがあります。本はどうしても荷物にもなってしまいますし。

僕がいつも利用しているのはクックパッドです。「つくれぽ100おかず」で検索すると、人気のおかずレシピが検索できるので、いつもそれで”美味しくて簡単そう”なものを作っています。

何日か前に夕飯で作ったサバの味噌煮です。30分くらいで作ったのですが、そこそこ美味しかったですよ!

サバの味噌煮 by 葉ママ

調味料類はきっちり計量、こだわりは貫く

僕の場合、調味料は子さじ・大さじ・何グラムなどきちんと計量しないと気がすみません。

時間もきっちりキッチンタイマーで計ります。ひとり暮らしの場合は自分の料理への”こだわり”がある場合はそこはとことん突き詰めたほうが良いです。

もちろん大雑把で調味料は目分量で良いという人もそれでOK

栄養バランスは大事ですが、バランスが取れているなら嫌いな食べ物を無理して食べる必要は無いと思っています。

料理グッズは便利で小回りが利くものを

料理グッズは自分に合った便利なものを選ぶと良いです。最近は100円ショップでも便利なものがたくさん調達できますよ~

これはTVでも紹介されていて有名な、上からでも目盛りが見える軽量カップです。

300mlまで計れて熱湯もOKなのが小回りが利き便利。

煮込み料理で水や酒を大量に使うときに最適ですし、片栗粉の水溶きにも。

煮込み料理の時間が短縮できる圧力鍋や、手が濡れたまま触っても大丈夫な防滴のキッチンタイマー、冷蔵庫にくっつけたままでOKな磁石付きの電子軽量器など、とことん”手抜き”できる料理グッズをある程度揃えています。

たまには外食で息抜きする

自炊に慣れてくると、外食はお金がかかるから…と倦厭しがちになりますが、外食は息抜きに良いです。

今は配偶者と暮らしているので、どうしてもカレーばかり作ってもいられなくなりましたし、自分の好きなものを同居人が嫌いだったりすると、食べられない事にどうしてもストレスが溜まっていきます。

また、どうしても自分の味というものに飽きてきますし、献立のバリエーションも限られてくるので「もう自炊なんかやってられるかぁ!!!!!」という気分になってくるんですよ…

そんなとき、普段食べられないものを外食で食べて解消しています。2~3か月に1回くらいですが…。これって多いほうですかね?

無理をしない、継続が大事

無理なこともあります。それは、レシピに「適量」とか「少々」と書いてあったり、食器を落として大きな音を立ててしまったりするとパニック気味になってしまうことです。

さすがに目分量に今はパニックになりませんが、モヤモヤはしますので、モヤモヤするレシピは敢えて選ばないように工夫しています。

また、配膳の調整と食器の片付けも苦手で、少しずつ練習はしていますが、まだまだ多く入れすぎたり、皿を割ってしまうんです…

失敗があると、どうしても嫌になって辞めたくなりますよね。

自分の「障害」にぶち当たって、不甲斐ない気持ちでいっぱいになって投げ出したくなるもの。そんなときこそ、「継続が大事」と言い聞かせて自分を励ましています。

気が乗らないときや体調が悪いときは、無理をしないで休むことも大切です。最初は週1からでも良いので、継続することが良いですよ~

ADHDでも工夫次第で出来ることは増える

僕なりに実践してみた工夫を書きましたが、いかがでしたでしょうか。

ADHDは確かに家事全般が苦手かもしれません。

無理してまで頑張ることはありません。自炊をするようになって5年以上が経ち、やっと形になってきたので、時間も必要ですよ。

少しずつ自分のできることからやっていくことからはじめましょう。

これまで執筆した体験談・解説はサイトマップをご覧ください。

スポンサーリンク

フォローする