このサイト・筆者について~はじめての方に

簡単に自己紹介

はじめまして。ユウキと申します。

このブログを書かせていただいています(2017.3.13~)。

現在は自宅療養中の20代後半の家事手伝いです。

大学生活が上手くいかず引きこもりがちになり、心療内科へ通院していたところ、発達障害と強度の対人恐怖症を患っていると診断されました。

その後なんとか卒業や就職を果たしましたが、なかなか病状は良くならず無職に。障害基礎年金2級を発達障害で新ガイドライン後申請、受給中。

最近はブログを書き始めて毎日の習慣づけができ、調子が上がってきています。少しずつまた社会復帰に向けて頑張っていきたいです。現在は毎日家事をして、オフィスソフトを毎日自主的に訓練しています。
 

障害者として生きるための体験談・生きる知恵をつづいっていきます

開設後1か月は障害年金をネタにしたものばかり書いていましたが、やはり有資格者でもないしビジネスを展開しているわけでもないのでネタ切れになりました。

これからは、障害者として生きてきた体験談や、少しでもみなさんに役に立つ知恵をお届けしたいと思っています。

ブログ開設1か月の挨拶と近況、御礼。めざせ脱ビギナーブロガー
ブログ開設1か月目のアクセス数、記事数、人気のあった記事などを紹介しています。

ブログをはじめようと思ったきっかけ(障害年金のことに関して)

ネット上にあふれる情報の取捨選択の難しさ

ブログを始めたきっかけは、自分が「障害基礎年金」を新規申請するにあたり、どれほど「ネットの情報の取捨選択が難しいか」を実感したことにあります。

・・・ネット上に溢れているのは、「今は審査が厳しくなっているから、社労士を通さないとダメ」、「働いていると通らない」、「入院していないと通らない」などといった、不安を煽り病状を悪化させるような言葉ばかりです。

僕自身、障害年金を初めて知ってから数えきれないほどのネットサーフィン、社労士事務所への無料メール相談などをやってきましたが、今考えてみれば、どれも混乱してしまうばかりでした。ネットの情報の取捨選択はとても難しいんです。

そのため、このブログではできるだけ事実を出典を交えてお伝えしていきたいと思います。
 

現場の生の声が一番「ためになった」

調子のよいときに年金事務所に電話したり、病院のソーシャルワーカーに相談したり、もっと調子のよいときは直接役所で聞いたほうがとても有益なことばかりでした。

…そんなこと言いながら、このブログで発信しようというのは矛盾していますが(苦笑

僕は社労士の資格を持っているわけではありませんから、素人個人としての体験談を語ることしかできません。

しかし、「自力で申請し成功した当事者」としての目線で何か言えることではあるのではないかと、一丁前のことを感じております(笑)
 

新ガイドライン適用後のまだ数少ない事例

新ガイドライン適用後の申請であり、かつ認定日請求で自力申請などといったことから、さらに自分の体験談が誰かの役に立つのではないかと思うようになりました。

このブログを書くときに心がけているのは、「障害年金を申請する人に、スッキリして、為になる、分かりやすいブログにしたい!」ということです。
 
 

専門家ではありません

もちろん内容の正確さについては注意をはらいますが、専門家ではないので、記事の内容に間違いがあるときがあるかもしれません。その点だけは、必ず頭に入れておいていただくようにお願いします。

ソースが無い場合は(ソースを知っている方はお知らせください)と書くようにしています。一個人(素人の)体験談、として読んでいただけると嬉しいです。

間違いを発見した場合は、コメント欄やお問い合わせフォームへ。

もちろん応援コメントなども大歓迎です。とても喜びます。

2017/4/15更新

コメントをどうぞ

  1. ちゃん より:

    ユウキさん
    ブログ見ました。貴重な体験談ありがとうございます。
    とても為になります。
    本音で書いてくださり、誠実で温かいお人柄を感じました。
    これからもブログ楽しみにして待ってます。

    • yu-ki より:

      ちゃんさん、はじめまして、こんにちは。
      こちらこそ温かいメッセージありがとうございました。
      とても励まされました。
      これからも少しずつ記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。